FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
[ --.--.-- -- | C -- | EDIT ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのひとのこと

Category : 小説
[ 2011.02.11 Fri | C(0) | EDIT ]
中学生に上がる少し前くらいに出会って、心臓を撃ち抜かれたみたいに惚れた作家さんがいる。
私が出会いたかったのはまさにこういう作家さんだ、と中学の頃に思ったのを記憶している。
すごく好きで、憧れて。他にも好きな作家さんは色々いたけど、そうではなく、特別だった。
ただし、ずっと追い続けていくのが、つらくなる人だった。…と、思う。
長い年月が経つけれど、今では好きなのかそうでないのかも、もはや分からなくなってしまった。
それでも、興味を失って無関心になれるほど気楽な存在になったわけでもなくて、
いまだに存在に反応してしまうほどの執着はある。

言葉で表現しきれると思わないけれど、あえて言うなら、その人の小説は痛かった。
電波的なイタイ意味でも、グロい作風とか死の表現がリアルでとかいう意味でもなく、
文章が弓矢のように飛んで刺さってくるみたいな、そういう痛い感じ。
切ないとか悲しいとか、感情を揺さぶられて胸が痛い・苦しいというのとも違う。
例えば登場人物の心情に感情移入して…ではなく。
つらく苦しいストーリー展開で、シーンで…というのでもなく。
紡ぎ出す文章そのものが、そういう要素を持っているとしか思えない。
だってほのぼのとしたシーンですら、痛みを感じさせられるのだもの。
しかも特定のシリーズだけじゃなく、どれもこれもなんだもの。

目に見えない心痛なのに、それはまるで、肉体的な痛みのような感覚。
何故痛いのか分からない、なのに痛い。理解できないのに確かに痛い。
悲しい話だから胸が痛むのだ、と理解できれば甘んじて痛みも受け止められよう。
おとなしく感情移入して泣ければ、痛みは涙で緩和されたり浄化されたりするかもしれない。
でもそうではないから。泣けば消えるような、そういう痛みの種類ではないから。
物語を読めば痛いのではなくて、文章に触れるだけで痛い。
そして、触れるだけでなく形を感じ取ってもやはり痛いんだよ。
形作っている文章、作品そのもの全て。
言葉が硝子の破片で出てきているみたいだと思う。

でも、出会った最初から全部が全体的にそうであったわけではなくて、
徐々に顕著になっていった気がする。
初期の頃から垣間見えていただろう「それ」の片鱗にこそ、私は惹かれたのかもしれないし、
顕著になっていく「それ」が私に及ぼした影響というのも大きかったと思う。
何故かというと、純粋に好きだと大きな声で言えなくなってしまった今でも、
出会った頃からずっと、いまだにある意味での憧れであることは確かだからだ。
出会った当初、自分がどう感じ考えていたかは覚えてないけれど(なにせ小中学生の頃の事だ)、
数年前、悩み求めもがいていたあの頃の自分がどうしたかったかを鑑みるに、
私がどうにかしたかったことの形は、彼女がしているようなことなのだなぁと。
…抽象的過ぎてなんにも説明できてないけれども(笑)
良く言えばそれは、憧れなんだと思う。

愛しても、憎んでも、
惹かれ求めて、恐れて避けて逃げても、
私にとっての、光であり闇であるんだろうなぁ。

なんでこんなこと唐突に書いたかって、数年ぶりに読んでも相変わらずだったからでした。
痛みを発散させたくて書いた。後悔はしてないぞ。
スポンサーサイト

幻想博物館

Category : 小説
[ 2010.03.29 Mon | C(0) | EDIT ]
幻想博物館 新装版 (講談社文庫 な 3-9 とらんぷ譚 1)幻想博物館 新装版 (講談社文庫 な 3-9 とらんぷ譚 1)
(2009/12/15)
中井 英夫

商品詳細を見る

ここ最近読んでるのは、これに続く「<新装版>とらんぷ譚2 悪夢の骨牌 (講談社文庫)」の方ですが、
あえて幻想博物館の方を紹介してみようかと。
(何故かって悪夢の骨牌はまだ読み始めたばかりだから)。

中井英夫といえば『虚無への供物』でしょうが、そちらは私は読んだことなかったりします。
いつか読んでみたいと思ったまま、未読で現在に至ってます。
そして結果的に本屋で惹かれて購入したこの本を『虚無~』より先に読んじゃった。
読んだのは去年末。発売直後くらいに、本屋の新刊棚で偶然出会いました。
「とらんぷ譚」四部作は新装版で隔月復刊ということで、
2月に『悪夢の骨牌』が発売されてたんだけど、すっかり忘れてて数日前に購入したばかり。
まだ冒頭くらいまでしか読み進めてません。もう購入して1週間も経ったのになぁ。
(例によって仕事の休憩中に読んでるけど、休憩中もたいてい何かしら仕事してるので)
というわけで、昨年末に読んだ、『幻想博物館』の方をピックアップしてみた。

はりぽたー

Category : 小説
[ 2009.10.21 Wed | C(0) | EDIT ]
ついに信也先生連載開始のVJが明日発売ですね!
あ、いや日付はとうに過ぎてるから今日か。今日か!今日ですってよ。いやんどうしよう。もう今日だって!
実感したら、ドキドキとワクワクとそわそわで落ち着かなくなってきた。
出勤の途中で本屋に立ち寄ってゲットしてこようと思います。

先程、数日間かけて読んでいたハリポタの最終巻をついに読み終えました。
発売日にきちんと買ったのですが、1年3ヶ月も放置してました。
すぐに読みたいという気持ちにはならなかったので、
「読みたい!」という気持ちが一番強く湧いたそのときに、初めて手をつけようと思って。
他のものに熱中していたのでね(言わずもがなバリハケンですよ)

ふと唐突に、読みたいなと思ったので読み始めました。
前巻までの内容を薄ぼんやりしか思い出せないのが痛いところ。
休憩中や出勤前にせっせと読んでいましたが、残り数章を我慢できず、帰宅後に読んじゃった。
ついに終わっちゃったんだなぁという感じ。
あまり長い感想も書けないのですが、一応隠しで読後の気分を。
ネタバレはできるだけ避けたいと思ったものの…結局いきなりネタバレしています(笑)

↓ハリポタ最終巻ネタバレ注意です↓

『上杉三郎景虎』読了

Category : 小説
[ 2009.08.31 Mon | C(0) | EDIT ]
上杉三郎景虎 (光文社文庫)上杉三郎景虎 (光文社文庫)
(2005/03/10)
近衛 龍春

商品詳細を見る

ようやく読み終わりました。厚めの本とはいえ、1ヶ月半もかかっちゃった…。
一気に読めばもっと早く読み終えられたんだろうけど、仕事の休憩時間オンリーだったからなぁ。
上司や同僚に「何読んでるの?」と聞かれて、「時代小説です」と答える日々も終わった(笑)
ところで、上の画像の帯のコピー。
「戦国の世に儚く散った 三国一の美将」
何も間違ってないけど、このコピーだけ見るとなんとなくミーハーな本に見えてくるね(笑)
でも「武田の三郎殿と一夜契らば、…」なんていう杵唄が流行るくらいだったようだし、
三国一かどうかはともかく、実際けっこう美麗な容姿だったんだろうね。
この本の表紙の三郎も美形で見惚れます(笑)

炎ミラ紀行その後

Category : 小説
[ 2009.07.23 Thu | C(0) | EDIT ]
高耶さんお誕生日おめでとうございます。
ミラージュ読み返し中に高耶さんの誕生日を祝えるとはタイムリー。
…本腰を入れて、ミラージュ紹介記事を書こうか、と何度も思うのですが…。
私には無理だったようで…す……

今は、仕事の休憩時間に近衛龍春さんの『上杉三郎景虎 (光文社文庫)』を読んでます。
まだ上杉にいく直前までしか読み進めてませんが、少年期の三郎は不憫だなぁ…。
この本を入手する前に、ミラージュの1巻目を読みました。
確かにサイキックホラーアクション!ていうジャンルでした。忘れてたよ(笑)
徐々にそんなジャンルの枠に収まるものではなくなっていきましたからね。
やんちゃな高耶さんが眩しい…。17歳か。最終巻での高耶さんは22歳。
たったの5年間。でも本当に、彼らの400年が凝縮された5年間だったと思う。

で、1巻読了後に上記の近衛龍春さんの本が届いたので、全巻読破計画は一時お休みにしたのですが、
気になることがあって何気なく怨讐の門を手に取ったら、止まらなくなっちゃって…
深夜に赤空編から破壌編まで5冊一気に読んじゃった(汗)
そして数日後、どうしても見つからない群青を探して文庫収納箱を引きずり出したら、
そこにはずらりと並んだ耀変黙示録が。
また何気なく開いて読み始めたら、また止まらなくなっちゃって…
耀変黙示録1から最終巻まで、一気に読んじゃった(汗)
全巻読破じゃなくてつまみ食いでごっそり読んでるじゃないか…!バカ!
でも一度読み出すと止まらなくて。
辛いし苦しいし泣き通しなんだけど、泣きながら貪るように読んだ。
最終巻のあのシーンは、歯を食いしばらないと読めなかった。
…やっぱり1巻からきちんと全部通して読破したいな。
2部はあまり読み返せないんだよねぇ…。3部が一番何度も読み返してるな。
何故か4冊ほど欠けていることが判明しまして。
群青、砂漠殉教、怨讐の門青海編、耀変黙示録7の4冊だけない(泣)
2部以降は全巻初版帯びつきで買い揃えて読んでいたので、ないのが悔しいです。
あまぞんで注文しました。ものすごい悔しい!どこにいっちゃったんだろう。

7/31だか8/1に邂逅編の新刊が発売だとか?すごく楽しみです。
幕末編だけ未読です。邂逅編新刊と一緒に買ってこよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。