FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
[ --.--.-- -- | C -- | EDIT ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩番長4 感想その1

Category : ゲーム | ゲーム色々
Tag : ハケンネタまじり
[ 2010.04.05 Mon | C(0) | EDIT ]
喧嘩番長4 ~一年戦争~喧嘩番長4 ~一年戦争~
(2010/02/25)
Sony PSP

商品詳細を見る

『喧嘩番長4』 公式 : http://kenkabancho.com/bancho04/
以前、記事に書いたときキャラ名をハケンキャラに当てはめて遊んでたやつ。
買わないよ、とか言ってたやつね。その3日後には買ってたっていう現実(笑)
便利な世の中になったものですね。PSPは便利だと思いました。
3月半ばに購入して暇を見つけてちまちまプレイして、メインモードを無事にクリアしました。
イージーモードですとも。どうせジャリっすよ。
もっとさくさく進めれば、そんなに時間かからずクリアできるゲームじゃないかな。
私は1周目で出来る限り色々コンプしようと中盤辺りで粘っていたら、思いのほか強くなっていて、
最終の肝心の大ボス・阿久津戦が楽勝すぎてあっけなく終わってしまいました。
アイテム万全に装備して挑んだのに、一つも使わなかったヨ…寂しいヨ…。

と、まぁそんなこんなで楽しかったので、せっかくなので感想。
全校生徒分の名前変更が出来ることにワクワクしてたわけですが、
結局、実際に名前付けたのは、火讐くん、乱、芭唐くらいでした。あと一応、団吾も。
だって300人分とか面倒くさいじゃないですか。…文字の入力が!(笑)
学校名はちゃんと首都高です。で、主人公名は「火讐怜斗」にしました。
そもそも何故このゲームをやりたかったかって…
火讐くんの拳1本で、首都高のテッペンとってみたかったっていう、そういう動機だよ(笑)

以下、プレイ感想です。記事を2つに分けます。
感想1がメインのプレイ感想、感想2は画像紹介がメインです。
入学式の4月から、ラスボス3年・阿久津卒業の3月まで。
1年間の間に、校内校外の強いやつをどんどん倒して、てっぺんを目指す!

システム面は、バトルもストーリーもすごくやりやすくて良かったです。
案内役のテルがメールくれるし、画面上にも次の行動が表示されるので、
次にどう動けばいいか迷うことがなくて親切設計。
別にそれに従ってすぐ動かずとも、街をうろついて勝手に喧嘩三昧してもいいし。
従えば、若干苦戦するくらいのちょうどよい強さを身につけてさくさくとシナリオを進められると思う。
私は秋くらいまではさくさく進めてましたね。おかげで序盤中盤はあまり強くなかった。
たまにイベントの敵に苦戦したりね。それはそれでやりがいがあって楽しかった。
あと、2年集団にうっかり袋叩きにされたりね…。フルボッコだよ…ひどい。俺が弱いからか。くそう。
そのあと、サブシナリオの紅北編を同時進行させていったのと、
校章・タン語全制覇目指して、全校生徒狩りまくっていたら、けっこう強くなってました。

1周目クリアで、校章保持数299個。惜しい、あと1個…!!
2年諸星くんに会うシナリオに行かなかったせいです。悔しい。
タン語は、全生徒が一つずつ持ってるけど、二度ボコらないと落としてくれないんですよね。
それに気づくのが遅かったせいで、後半に二度目狩りに回る羽目に。
3年にビビっていたのも昔の話。3学期には3年集団をこっちからボッコボコですよ。
その頃には、1年相手にはタンカバトルだけでも勝てるくらいになってました。
拳を使わずして勝つ。それもまた強さなりね。

で、バトルシステムのほうも面白かった。
連続技・立ち技・掴み技・馬乗り技と、全部で23種類の攻撃を好きなように組めるのがいい。
特に、コンボ技。通常コンボ1・2・3+フィニッシュと、気合技1・2・3のコンボ。
通常コンボをメインに使ってたので、ここのコンボを考えるのが楽しかった。
組み合わせによっては、すごくスムーズに素早く技が繰り出せて気持ちいい。
やはり1発目は左ジャブでしょう!
超気合技は、ラスボス阿久津戦以外は1年間ずっと「剃刀キック」を愛用。
広範囲に効果があるから、大人数相手に便利。
この剃刀キック、公式サイトの主要人物のところにいる、芭唐ヘアーのキャラの技なのだよ(笑)
葛城元くんというのだがね。私は最初は名前を「獄堂竜次」に変えてみたのさ。
そしたらこいつ…とんだヘタレ野郎だった(笑)
1-Cトップに君臨する喧嘩も強いイケメンだというから期待していたのに、
「八神に敗れた恐怖心で、狼ににらまれたヒツジのようになっていた」という公式設定!
思わず腹を立てて竜次さんの名前を剥奪しました(笑)
まさにヒツジでした。しかも自ら「ヒツジでもやれるってとこ見せてやるぜ」
ってオィィ!自分からヒツジって認めちゃった!なんつうか、なんか可愛いなお前!
「こいつは絶対受けキャラだよ」と考えるあたり、私の脳も所詮腐だなと自覚しました。
だって健気に頑張っちゃってこいつえらいんだもん。
気に入ってヒツジの技を装備してたら、技レベルがMAXになって使いやすくなり、愛用技に。
結局、名前は見た目から「御柳芭唐」にしておきました。

主人公左隣にいる、ヤマケンこと山口賢治くんは、予定通り「紋武乱」ですよ。
主人公とはたまに共闘しながらも最後までずっとライバルで、
火讐くんと乱の関係っぽさがあって、互いに「火讐」「乱」と呼ぶのににやにやしました。
まぁ…実は名前は火讐だけど、見た目が全く火讐くんじゃなかったんだけどね!(笑)
そのへんは、次の記事の感想2で詳しく書きます。見れば分かる、画像付きで。

さて、1周目を終えて、2週目をノーマルモードで始めたわけですが。
驚いた。引き継げる部分のあまりの多さに驚いた。
達成度やコンプ率に関わってくるから、1周目の技やアイテムがリセットされないのは分かってたけど、
まさか強さもレベルもそのまま、覚えた技もそのままだとは思わなかった。
しかも保管しといたアイテムもそのまま持ち越せるとは、親切設計すぎ!
本当にデータがここまでほぼ全部引き継がれるとは思って無かったよ。
リセットされるのは本当に、シナリオと校章とプレゼントボックスと武勇伝の一部だけなのね…。
こんなに2週目がやりやすいゲームは初めてだわ。
私は飽きっぽいので2週目ってあまりやらないんだけど、これは何週もしたくなる。
単純にバトル自体も楽しいから、いつまで続けてても飽きないですね。

達成率は服・武器とかのアイテム、タン語、伝説のコンプが関わってくるから、
結構やりこまないと達成率100%は到達出来なさそう。
ていうか私には無理だ。まず麻雀で勝てないから伝説がコンプできないよ。
1周目で達成率50%です。アイテムコンプは面倒なので目指しませんが、
とにかくヒロイン残り2人いるし、全シナリオクリアする過程で、
出来る限り達成率上げられたらいいなーとは思います。
あとね、休日の各都道府県の番長をちっとも制覇してないので、そっちも。
序盤で京都の番長と舎弟に瞬殺フルボッコにされたトラウマで、あまりチャレンジしてないのだ(笑)

感想2は、主にカスタマイズ的な話ですー。感想2に続く。


関連記事

COMMENTS

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。